医療費の負担を減らしたい
通院医療費を軽減するには…

 

入院医療費や食事代を軽減するには…
地域生活を充実させたい
様々な福祉サービスを利用するには… 

 

障害年金を受けたい
指定医療機関での通院治療費について、医療保険の自己負担分が1割になります。
市町村窓口で申請します。
医療費の自己負担が公費で助成されます。入院・外来を問わず、また歯科などの診療科でも利用できます。
市町村窓口で申請します。
医療費の窓口での支払いを一定の限度額にとどめます。月単位の適用になります。
加入している医療保険での手続きになります。
精神障害を持つ方が一定の障害にあることを証明する手帳です。取得すると各種支援が受けられます。市町村窓口で申請します。
障害の種別に関わらずサービスを利用できます。個々の障害の程度や生活状況、収入などに応じて利用内容や利用料が違います。サービスには、相談支援、ホームヘルプ、就労継続支援等があります。
40歳以上の方が被保険者(加入者)となり、介護が必要と認定されたときに、デイサービスやホームヘルプなどの介護保険サービスを利用できる制度です。サービスを利用するには原則65歳以上、費用は1割負担になります。
病気やケガによって日常生活や就労面で困難が多くなった場合に、申請によって年金が支給されます。
障害基礎年金と障害厚生年金・障害共済年金があります。市町村窓口、年金事務所等で手続きをします。
相談室では病気、障害に関すること以外にも、生活全般や就労、人間関係など幅広くご相談を受付ています。お気軽にお声かけください。

icon外来受付時間
  • 午前 9:00-11:00
  • 午後 13:00-15:00
  • 休日 土(午後) 日祝日
  • ブログ一覧